二番手で申込!買えました!不動産屋が実例を紹介します

2020-01-08



内覧に行った!


気に入った!


申し込みした!


二番手だった!


買える可能性はあるの?

二番手での購入申込どうなるの?


こんにちは。
「無料仲介ネット」の福元です。


不動産屋です。
ウチは新築一戸建てや
中古マンションの
仲介手数料が無料になるサービスやってる会社です。

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら




物件を内覧後、気に入って購入申込をしても、二番手になってしまうことがあります。


二番手になったとき、買えるのかどうか不安になります。


実態はどうなのか?


実例を持って解説します。

二番手で購入申込|可能性はあるの?

  • Q:二番手が買える可能性はある?
  • A:あります。


二番手は買える可能性はあるのか?といえば可能性はあります。


買えたケース、買えなかったケースの実例を紹介します。

二番手って何?


一番手・二番手とは交渉権の順位という意味で使っています。


新築一戸建て・中古一戸建て・中古マンション・土地


物件の種別に限らず人気物件は複数の購入申込者が現れることがあります。


そんなとき購入申込書(買付証明)を売主に出します。


複数の購入申込書が入ってきた場合は、早いもの順。


この順位が

  • 一番手
  • 二番手

となります。

二番手が買えるときの条件は?


二番手が購入できる可能性の条件は「一番手の交渉決裂」


一番手・二番手の順は「交渉権の順位」


なので
二番手が購入できる可能性が出てくるのは、一番手の交渉が決裂した時です。


二番手からしますと「一番手と売主」がどんな交渉をしているのか?は分かりません。


一番手が決裂しないと、二番手は交渉できるかどうかも分からない不安定な状態です。


交渉権を持った一番手は、売主とどんな交渉をしているのか、とても気になります。


一番手と売主との交渉の実例を紹介します。

一番手の交渉実例


一番手が必ず物件を買えているわけではないのが実態です。


二番手でも買えることはあります。


ウチのお客様が一番手だったのに、二番手に買われたこともあります。


そういうこともあるので「一番手の交渉実態」を知ることは重要です。

一番手からすると「二番手はイヤ」なもんです


一番手にとっても「二番手が現れる」というのは大きな問題になることがあります。


ウチのお客様が一番手で「二番手が現れた」ことは何度もあります。


問題になるのは「価格交渉をしていたとき」です。


「二番手から満額で申込みが入った」といわれたら一番手の立場としてメッチャ疑いますよ。


「ホンマかいな?」って。


買い上がりを狙っての駆け引きではないのか?って。


一番手のお客様も困ります。
100万円値引きしてもらって買える、と思っていたわけですからテンション下がります。


・一番手のお客様が買ったケース
・二番手の方に買われたケース
を紹介します。

二番手が買った実例


ウチのお客様が一番手


なのに「他社の二番手のお客様が買った」ことがあります。


つまり二番手の人に買われました。


ケース1|他社の二番手のお客様に買われた


物件は中古マンション。


お客様の友人が中古マンションを購入。


ウチのお客様は、その友人宅に遊びに行った。家族ぐるみのお付き合いで、とても仲良し。


一月後、友人のマンションの1フロア下で同じ間取の部屋が売りに出た。


1フロア下なのに友人宅より100万円高い価格設定。


お客様は1フロア下だけど「同じ価格だったら買う」とのこと。


100万円の値引き交渉を入れ、購入申込しました。


100万円の値引きは、売主も納得していた感じでした。


でも「あと一組、内覧予定があるので、そのあと返事します」とのこと。


その直後、売主から「他から満額で買付が入った」との悲報。


「そちらが先に連絡をくれたので、満額の同条件だったら、あなたのお客さんに売ります」とのこと。


そりゃそうですよね。100万円高く買う人に売りたいですよね。



ウチのお客様にそのまま伝えます。


お客様「イヤだ。同じ間取で1フロア下なのに、友人より高く買うのは抵抗がある。同じ価格じゃないと買わない!」とのこと。


その物件は二番手の人に買われちゃいました。


一番手が買った実例

ケース2|二番手の方が申込金額が高いのに買えなかった


二番手の方が申込金額が高いのに、買えなかった実例


ウチのお客様が一番手で、他社が二番手だったケース。


物件は新築一戸建て。売主は不動産会社。


完成から数ヶ月が経っており、価格変更が一度も行われていなかった物件です。


内覧後、お客様も気に入りました。


100万円の値引き交渉で購入申込書を提出。


対応してくれたのは売主(社長)でした。


「それで進めてください」とのこと。


売主の社長と交渉した数時間後・・・


物件の担当者から電話が・・・「満額で二番手が入ったので買い上げてくれ」


ウチのお客さんに言えるはずないですよね。
口頭ベースといえども「それで売る」って確かに聞いたんだから。


私「お客様には伝え済み!今更言えない!」
「申込書に書いた値下げの価格が適正価格だと思っているので買い上がりはしません!」
「当初の約束通り100万円引きで契約してください!」


最終的には一番手のウチのお客様が100万円値引きで買えました。


この売主は年間に10戸未満くらいの新築一戸建てを建築・販売している業者です。


そこの社長さんと直接進めていた話でしたので、売主の担当さんも当初の条件で契約してくれました。

ケース3「仕方ないので満額で購入申込書を書き直します。」


売主は一般の方でした。


売り出しと同時に内覧。


土曜日に内覧。


売主側の仲介業者からあらかじめ「土日だけで5件の案内予約が入っている」と聞かされていました。


ウチのお客様は内覧一番乗り。80万円の指し値を入れて購入申込も一番乗り。


購入申込書を売主側の業者にスグ送ります。


売主側の業者は「明日の日曜日まで全部の内覧が済むまで待って欲しい。とりあえず一番手として取り扱います」とのこと。


ウチの一番手のお客様のローンの事前審査の用意をしながら日曜日まで待っていると売主側業者から電話です。


売主側業者「二番手から満額で購入申込書が入りました」


「満額の買付が入った」???


そんなの当然のように疑います。


価格交渉を嫌ってのことなんじゃないかと。


ウチ
「ホントですか?じゃあ個人情報の部分を隠していいので二番手の購入申込書を見せてください!」


スグ送ってくれました。


満額・現金購入って書いてあった。


ホントっぽい!


物件はなかなか出ないレアな中古マンション最上階。


お客様にそのことを伝えスグに満額で購入申込書を書き直し!


結局ウチの一番手のお客様が購入しました。


つまり一番手の買う気持ちが強い場合は二番手が買える可能性は低いといえます。



次は二番手で買えたケース。実例を交えながらご紹介します。


二番手で購入できた実例


二番手で購入できた事例をご紹介。


二番手なのになぜ買えたのか?ですが


一番手の人が住宅ローンの審査が不調に終わったケースでした。


正確には「一番手の人が買えなかった」です。


なので気に入った物件があった場合は諦めずに待っていれば買える可能性はあります。


一番手が買えない人だった


物件は新築一戸建てでした。


売主は大手の新築一戸建ての建売業者。


全10区画で残り2邸。
価格変更が行われたばかりの物件でした。


私「内覧したいんですが」との連絡を売主に入れると


売主「どうぞどうぞ。その物件は大丈夫です。」


お客様は物件を気に入り、購入の方向で進めることになりました。


とり急ぎ売主に電話で伝えます。


売主「実は・・・一番手がついていて契約予定なので二番手になります。」だって。

続けて「一週間後に一番手の人と契約予定です。なので万一契約ができなかったら連絡します。」

ホント腹たちますよ。ついさっき「大丈夫ですよ」って言ってたのに・・・

ウチのお客様は二番手です。


お客様とそのことで打ち合わせ。

購入する場合は住宅ローンを利用する予定でした。

少しローンに不安要素がありましたので、とりあえずこの物件で「事前審査」をやっておこう、となりました。


売主に伝えます。


私「一番手の人がキャンセルになった場合、ウチのお客様が買います。なので住宅ローンの事前審査をするので、資料を一式ください」

売主「一番手のお客様もローンの審査中ですが、問題が無さそうなお客様と聞いてますので無理だと思いますが、一応送っておきます」だって。

ホントにホントになんか腹立つな~



数日後、銀行から電話がかかってきました。

銀行担当者「住宅ローン通りましたよ。」


立て続けに電話。売主からです。
売主「二番手のお客様どうなりましたか?一番手の方がローン審査ダメだったんです」


その週末、ウチのお客様が契約をしました。


結局こういうこともあるので、一番手が居ることを黙って内覧をさせた売主の対応は間違っていなかった、ということになります。


腹立てた私が間違いですね。

お客様はほとんど諦めていたので大喜びでした。


一番手が居ることを内緒にする理由


どうして一番手が居ることを黙っているのか?


それは「二番手は保険」と考えているからです。


売主が業者の場合に多いです。


売主の考え方しだいなのですが、
「契約が完了するまで物件は空いてます。大丈夫です。」という業者は珍しくありません。


理由はカンタン。契約するまでは何があるか分からないから。


一番手の人がダメになったとき二番手という保険が欲しいんです。


「契約予定」であることを先に伝えると内覧する人は「どうせ二番手だから買えないかも」って思うでしょ。

そうなると内覧には真剣さがなくなります。

それを避けるため「一番手がすでに居る」ことを黙っていた、ってことなのです。


二番手の人がやっておくこと



二番手でも購入できる可能性はあります。


可能性がある以上、購入に向けて準備が必要となります。

二番手でも住宅ローンは通しておこう


二番手であってもやっておくこととは・・・

いつでも買えるように
住宅ローンの事前審査を通しておくこと


契約の前提条件


契約の前提条件として

  • 購入申込書
  • 住宅ローン事前内定

この2つが契約条件。


契約するには(1.購入申込書)と(2.ローン事前審査の内定)この2つがないと契約しない、というのが一般的です。


売主側からすると、ローンが通るかどうか不明な人(買えるかどうかわからない人)と契約について話しても仕方ない、という理由です。


なので二番手であったとしても、ローンを通しておけば、
「明日でも契約できるよ」ってなります。


またその物件に縁がなかったとしても、一度住宅ローンの審査を通しておけば、次からの物件探しなどにも余裕が持てます。


なので住宅ローンを先に通しておくのも一つですね。


ローンを先に通しておいた方が良い理由


住宅ローンの借入金利は、人によって違います。


住宅ローンの借入金利は店頭やネットに表記されている金利で必ず借りられるわけではありません。


事前審査をすると、自分の借入金利がわかります。


購入申込書を出してから、ローン申込の場合、通ったはいいけど「金利高いじゃん」を防止できます。


住宅ローン事前審査はカンタンです。


金利が分かれば返済額もわかり、資金計画が立てやすくなるので先に審査をすることも重要です。


事前審査のやり方についてはこちら

事前審査のやり方



二番手にならないために



実際、二番手になった場合は、購入の可能性は低くキビシイです。


そうならないためにも対策しておきましょう。

二番手にならない対策


二番手にならないための対策は2つ

  • 事前審査を通しておく
  • 相場観をつける

事前審査は先の説明通りです。


あとは相場観を養っておきましょう。


相場観を養う方法はカンタンです。


それは、ネットで情報を見るだけです。


価格についても「コレ少し高いな」とか「コレ売れそうだな」とか、なんとなく分かってきます。


内覧に行って気になったら、担当者と相談して大丈夫だったら、決断も早くできます。


ローンまで通しておけば条件はそろってますので、一番手を確保しやすいです。

「人気物件だから早くしないと売れちゃいますよ」はホント!?


人気物件などはスグに申し込みが入ります。


不動産屋が「人気ですよ」って言っても、お客様からすると「ホントかよ、売りたいだけだろ。」となります。


実際、不動産屋は「買って欲しい」と思っています。


なので自分である程度の判断ができるように情報取集し、相場観をつけておきましょう。


ウチのお客様もネットで情報収集をしている人ほど決断が早い人が多いです。


二番手になりやすい人


人気物件は「みんな」で内覧しましょう。


何ヶ月も売れてなかった物件が価格変更(値下げ)。


ウチのお客様
値下げはチャンスと思いスグ内覧。


買いたいと思ったものの「会社の上司に相談しないと決められない」という理由で申込書を保留。


翌週、再内覧の予約を入れるも・・・

即日に他から申し込みが入り、二番手になっちゃいました。


・親に見てもらってから
・友人に見てもらってから


実際よくあることです。


人気物件などは、購入決定にかかわる人、全員で内覧した方がいいです。


このケースは以外に多く、逆パターンでウチのお客様が買えたことも多々あります。


こんな人が二番手になりやすい人かもですね。


現金購入でも一番手にはなれません


現金購入でも一番手にはなれません。


稀に「現金で買うので二番手から順位が上がる」・「価格交渉がやりやすくなる」と考えている人がいます。


現金での購入も、ローン利用も同じです。


関係ありません。


「現金で払うから、一番手にして」と言ってもなりませんよ。


二番手で買えなかった人に朗報


二番手になって買えなかった人に朗報です。


買えなかった物件は「縁がなかった」と諦めるしかありません。


次の物件を探すしかありません。


ついでに仲介会社も別の会社にしましょう。


仲介手数料が安くなる会社がオススメです。


あっ。スイマセン。ウチの宣伝しちゃいました。


不動産屋はサクッと変えても大丈夫ですよ。

仲介会社を変更のくわしくはこちら

仲介会社を変える


仲介手数料(無料)の詳細はこちら
購入コストを節約
↓ ↓ ↓

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら



LINE公式(無料仲介ネット)



  • この記事を書いた人

福元 雄二(ふくもと ゆうじ)宅地建物取引士

株式会社 LIC 代表(無料仲介ネット運営) ネコ保護しました。野良につきなつきません。その子を正社員として採用。毎日事務所に居ます。一緒に居ると楽しい。私も事務所にいることが多くなりました。なのでブログ書き始めした。お家探しの方々にお役に立てると嬉しいです。

-不動産のこと