借入4500万円の住宅ローン【2021年】年収・月々返済額はいくら?

2020-04-10

4500万円の住宅ローンを借りたい。

月々の返済額は?

年収はいくら必要?

ローン年数別でシミュレーションしました。

銀行ローンとフラットでの詳細が分かります。

  • こんなことが分かります。
  • 借入4500万円|銀行ローン
    月々返済額と必要な年収
  • 借入4500万円|フラット35
    月々返済額と必要な年収
  • 住宅ローン審査の目安
  • 住宅ローンを節約

こんにちは。
「無料仲介ネット」の福元です。

不動産屋です。
新築一戸建てや
中古マンションの
仲介手数料が安くなる会社です。

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら


住宅ローンを4500万円借りるとき。

借りた金額に対して気になるのは

月々返済額や必要な年収です。

しっかり把握して無理のない住宅ローンを組みましょう。

住宅ローンの審査基準や節約法も解説します。

借入4500万円|銀行ローン

2021年2月現在
借入:4500万円
返済負担率30%・35%・審査金利3.3%
変動型金利:0.470%

月々返済額と必要な年収
ローン期間別一覧表

借入期間の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数期間が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

年数 月々返済額 必要年収
35年 116,218円 620万円
34年 119,363円 630万円
33年 122,699円 640万円
32年 126,244円 651万円
31年 130,018円 663万円
30年 134,044円 676万円
29年 138,348円 689万円
28年 142,960円 704万円
27年 147,915円 720万円
26年 153,251円 737万円
25年 159,014円 756万円
24年 165,259円 776万円
23年 172,047円 798万円
22年 179,452円 823万円
21年 187,564円 849万円
20年 196,487円 879万円
19年 206,351円 912万円
18年 217,311円 948万円
17年 229,561円 989万円
16年 243,344円 1,035万円
15年 258,965円 1,088万円
14年 276,819円 1,148万円
13年 297,420円 1,218万円
12年 321,457円 1,299万円
11年 349,864円 1,395万円
10年 383,955円 1,511万円

銀行ローンの審査基準は、借入年数額は年収・返済負担率・審査金利・ローン年数などで決まります。各項目の規定は銀行によって違います。ここではひとつの銀行の審査基準を使って表にしました。実際の借入の際は銀行に確認してください。掲載分は参考と考えてください。

借入4500万円|フラット35

2021年2月現在
借入:4500万円・団信付き
手数料先払タイプ・融資率90%
フラット35金利:1.320%
フラット20金利:1.230%

月々返済額と必要な年収
ローン期間別一覧表

借入期間の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

年数 月々返済額 必要年収
35年 133,850円 459万円
34年 136,949円 469万円
33年 140,239円 481万円
32年 143,738円 493万円
31年 147,467円 506万円
30年 151,447円 519万円
29年 155,706円 534万円
28年 160,273円 550万円
27年 165,182円 566万円
26年 170,472円 584万円
25年 176,191円 604万円
24年 182,390円 625万円
23年 189,133円 648万円
22年 196,494円 674万円
21年 204,561円 701万円
20年 211,603円 725万円
19年 221,429円 759万円
18年 232,352円 797万円
17年 244,566円 839万円
16年 258,313円 886万円
15年 273,899円 939万円
14年 291,718円 1,000万円
13年 312,286円 1,071万円
12年 336,289円 1,153万円
11年 364,666円 1,250万円
10年 398,727円 1,367万円

フラットは多くの金融機関が取り扱っています。商品タイプも複数あります。融資率100%や諸費用も借り入れできる商品もあります。取り扱い金融機関により金利や諸条件などが違いますのでご注意ください。

他の借入額での月々返済と年収を見る

借入額トップ
4000万円
5000万円

参考年収で分かる住宅ローン
参考月々返済で分かる住宅ローン

住宅ローン審査の目安|借入4500万円

住宅ローンの審査は、銀行によって違います。

なので一概には言えませんが、通りやすいかどうかの目安を示したいと思います。

簡単ローン審査チェック

自分が借入予定のローン年数から
【必要な年収】を見てください。

【必要な年収】と、
【実際の年収】を比較してください。

望ましいのは
【必要な年収】<【実際の年収】

【必要な年収】よりも、
【実際の年収】が、高い方が望ましいです。

たとえば、同じ借入可能額を希望した人が、2人いたとします。

Aさんは年収700万円。
Bさんは年収750万円。

年収が50万円多いBさんの方が、返済面なども余裕があるといえます。

【必要な年収】と【実際の年収】がギリギリの借入可能額を考えている場合は、審査もギリギリ。

余裕はあればあるほど、審査は有利といえます。

審査する側の立場から考えても返済負担率がギリギリよりも、余裕のある方が安心だからでしょうね。


【必要な年収】を【実際の年収】が下回っている方は、頭金が必要となります。

上回っている場合は、頭金なしでも審査を受けることはできます。


頭金のことはこちらを参照ください
参考住宅ローンの頭金のこと
参考諸費用ローンのこと

借入4500万円|住宅ローン節約

住宅ローンの返済額を節約しましょう。

住宅購入に必要な費用は
「物件価格」+「諸費用」です。

「諸費用」は
「物件価格の7%~10%」程度かかることが多いです。


諸費用の具体的な金額はこちらを参照
参考実例・新築一戸建ての諸費用
参考実例・中古マンションの諸費用

「諸費用」の中でも「仲介手数料」は
「物件価格の3%以上」かかります。

4500万円の物件なら155万円以上かかります。

仲介手数料が節約できれば、住宅ローンを借りる金額が節約できます。


仲介手数料(無料・半額)
購入コストを節約
↓ ↓ ↓

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら


  • この記事を書いた人

福元 雄二(ふくもと ゆうじ)宅地建物取引士

株式会社 LIC 代表(無料仲介ネット運営) ネコ保護しました。野良につきなつきません。その子を正社員として採用。毎日事務所に居ます。一緒に居ると楽しい。私も事務所にいることが多くなりました。なのでブログ書き始めした。お家探しの方々にお役に立てると嬉しいです。

-借入額

© 2021 無料仲介ネット