月15万の住宅ローン【2021年】年収・借入額はいくら?

2020-04-06

月15万|買える価格の目安を知ろう


住宅ローンを組んで家を買う。

月15万の返済額にしたい

月15万返済だと借入可能額はどれくらい?

月15万返済の借入額だと年収はどれくらい必要?

この記事では以下のことがカンタンにわかります。

  • こんなことが分かります。
  • 月15万|銀行ローン:年収・借入可能額
  • 月15万|フラット:年収・借入可能額
  • 月15万|住宅ローン審査
  • 月15万|節約して安くする

月々15万円の住宅ローン

こんにちは。
無料仲介ネットの福元です。

不動産屋です。
新築一戸建てや
中古マンションの
仲介手数料が安くなる会社です。

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら


毎月の返済額を決めてからお家探しをされる方から多い質問。

「月々15万円くらいまでなら無理なく返済できる」

月々15万円の返済額だと・・・

「借入額はいくらまで?」
「年収はいくら必要?」
などを聞かれることがあります。


そこで

実際の住宅ローン審査基準・金利を基に、「借入可能額」・「必要な年収」を分かりやすい表にしました。

毎月の返済額を安くする方法も記します。

月々15万円|銀行ローン(年収・借入可能額)

銀行ローン審査基準では、年収で借入可能額が決まります。借入上限額は返済負担率・審査金利・ローン年数で決まります。返済負担率と審査金利は銀行によって違います。なので、ここではひとつの銀行の審査基準を使います。

2021年2月現在
返済額:月々15万円
変動型金利:0.470%

ローン年数の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

年数 借入可能額 必要年収
35年 5,807万円 800万円
34年 5,654万円 791万円
33年 5,501万円 782万円
32年 5,348万円 774万円
31年 5,192万円 765万円
30年 5,035万円 756万円
29年 4,880万円 748万円
28年 4,721万円 739万円
27年 4,563万円 730万円
26年 4,404万円 722万円
25年 4,244万円 713万円
24年 4,085万円 705万円
23年 3,924万円 696万円
22年 3,761万円 688万円
21年 3,599万円 679万円
20年 3,436万円 671万円
19年 3,271万円 663万円
18年 3,106万円 655万円
17年 2,941万円 646万円
16年 2,774万円 638万円
15年 2,606万円 630万円
14年 2,438万円 622万円
13年 2,270万円 614万円
12年 2,100万円 606万円
11年 1,929万円 598万円
10年 1,758万円 590万円

毎月の返済額は同じでも、期間が短くなると借入額も比例して少なくなります。

期間が違うと借入上限額も違うように年収の必要額も違ってきます。

月々15万円|フラット35(年収・借入可能額)

2021年2月現在
返済額:月々15万円・団信付き
手数料先払タイプ・融資率90%
フラット35金利:1.320%
フラット20金利:1.230%

ローン年数の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

年数 借入可能額 必要年収
35 5,044万円 514万円
34 4,929万円 514万円
33年 4,814万円 514万円
32年 4,696万円 514万円
31年 4,577万円 514万円
30年 4,458万円 514万円
29年 4,335万円 514万円
28年 4,211万円 514万円
27年 4,086万円 514万円
26年 3,960万円 514万円
25年 3,831万円 514万円
24年 3,701万円 514万円
23年 3,569万円 514万円
22年 3,435万円 514万円
21年 3,300万円 514万円
20年 3,190万円 514万円
19年 3,048万円 514万円
18年 2,905万円 514万円
17年 2,760万円 514万円
16年 2,613万円 514万円
15年 2,464万円 514万円
14年 2,314万円 514万円
13年 2,161万円 514万円
12年 2,007万円 514万円
11年 1,851万円 514万円
10年 1,693万円 514万円

フラットは多くの金融機関が取り扱っています。商品タイプも複数あります。融資率100%や諸費用も借り入れできる商品もあります。但し諸条件が変わってきますのでご注意ください。

フラットの審査では、どのローン期間にしても、同じ年収が必要となります。ローンの年数が短くなると借入金額も比例して少なくなります。

他の月々返済額での借入可能額|必要年収を見る

月々トップ
月々10万円
月々12万円

参考年収で分かる住宅ローン
参考借入額で分かる住宅ローン

参考年収で分かる住宅ローン
参考借入額で分かる住宅ローン

月々15万円|住宅ローン審査


毎月15万円の返済。

返済できるといっても、借入するには住宅ローン審査があります。

ローン審査は銀行によって基準は違います。なので通りやすいかどうかの目安として考えてください。

ローン審査チェック

簡単ローン審査チェック

自分が借り入れられるローン年数から【借入可能額】【必要な年収】を見てください。

1.借入可能額は、実際に借入予定額が低い方が良いです。

2.必要な年収は、実際の年収が高い方が良いです。

ギリギリだと審査もギリギリ。

審査基準はこれだけではありません。
詳しくはこちらを参照ください。
参考住宅ローンの審査基準

月々15万円|返済額を安くする方法


毎月の返済額は少しでも安い方が良いです。

少しでも安くするためには住宅購入の費用を安くするです。

物件を購入するには「物件価格」+「諸費用」が必要です。

当社では購入時の仲介手数料が無料または半額の会社です。

仲介手数料が無料の場合、物件価格3,000万円なら100万円以上お得になります。

その分、住宅ローンの借入額も少なくなり、毎月の返済額も節約できます。

諸費用の具体的な節約例はこちら
参考実例・新築一戸建ての諸費用
参考実例・中古マンションの諸費用

仲介手数料(無料・半額)
購入コストを節約
↓ ↓ ↓

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら


  • この記事を書いた人

福元 雄二(ふくもと ゆうじ)宅地建物取引士

株式会社 LIC 代表(無料仲介ネット運営) ネコ保護しました。野良につきなつきません。その子を正社員として採用。毎日事務所に居ます。一緒に居ると楽しい。私も事務所にいることが多くなりました。なのでブログ書き始めした。お家探しの方々にお役に立てると嬉しいです。

-月々

© 2021 無料仲介ネット