年収850万の住宅ローン【2022年・早見表】借入可能額はいくら?

2020-04-04

年収850万|買える価格の目安を知ろう



年収が850万円の住宅ローン。


自分は住宅ローンいくらまで借りられるのか?


お家探しの資金計画を立てるためのは必須です。


借入可能額・月々返済額など、分かりやすいように早見表にしました。


購入時のローン借入を減らす節約方法も解説します。


参考にしてください。

  • こんなことが分かります。
  • 年収850万円の銀行ローンの早見表
  • 年収850万円のフラット35の早見表
  • 住宅ローンの節約方法

年収850万円|いくらまで借りられる



こんにちは。
無料仲介ネットの福元です。

不動産屋です。
新築一戸建てや
中古マンションの
仲介手数料が安くなる会社です。

仲介手数料(無料)

・新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら



銀行ローンとフラットでは借入可能額が違います。


フラットの方が多目です。

年収850万円|銀行ローンとフラットいくらまで借りられる


年収850万円では銀行ローン・フラットの借入可能額はいくら?

35年ローンの場合だと・・・

  • 銀行ローン:約6100万円
  • フラット35:8000万円

借入可能額は「ざっくり」これくらい。


フラットは上限額となります。

借入可能額


  • Q:借入可能額って何?
  • A:ローン審査を受けられる金額です

借入可能額は「必ず借りられる金額」ではありません。


「ローン審査を受けられる金額」です。


また借入可能額は、銀行により異なり、タイプによっても異なります。


もっと多く借りられる銀行、もっと少ない銀行もあります。

年収850万円の銀行ローン借入可能額

2022年8月現在
年収850万円・銀行ローン
返済負担率35%・審査金利3.5%
借入金利(変動型金利:0.470%で試算)

早見表(2022年8月現在)

ローン年数の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

年数 借入可能額 月々返済額
35年 5,998万円 154,917円
34年 5,910万円 156,758円
33年 5,817万円 158,606円
32年 5,722万円 160,515円
31年 5,623万円 162,464円
30年 5,522万円 164,473円
29年 5,415万円 166,491円
28年 5,305万円 168,544円
27年 5,192万円 170,660円
26年 5,074万円 172,800円
25年 4,952万円 175,000円
24年 4,826万円 177,234円
23年 4,695万円 179,517円
22年 4,560万円 181,837円
21年 4,420万円 184,229円
20年 4,274万円 186,638円
19年 4,124万円 189,127円
18年 3,969万円 191,647円
17年 3,808万円 194,242円
16年 3,641万円 196,893円
15年 3,468万円 199,567円
14年 3,289万円 202,317円
13年 3,104万円 205,128円
12年 2,912万円 207,984円
11年 2,713万円 210,932円
10年 2,507万円 213,905円

銀行ローンの審査基準は、借入可能額は年収・返済負担率・審査金利・ローン年数などで決まります。各項目の規定は銀行によって違います。ここではひとつの銀行の審査基準を使って表にしました。実際の借入の際は銀行に確認してください。掲載分は参考と考えてください。

年収850万円のフラット35借入可能額

2022年8月現在
年収850万円・団信付き
手数料先払タイプ・融資率90%
フラット35金利:1.530%で試算
フラット20金利:1.400%で試算

早見表(2022年8月現在)

ローン年数の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

年数 借入可能額 月々返済額
35 8,000万円 246,125円
34 7,883万円 247,919円
33 7,704万円 247,897円
32 7,524万円 247,925円
31 7,339万円 247,884円
30 7,153万円 247,889円
29 6,964万円 247,907円
28 6,772万円 247,912円
27 6,576万円 247,892円
26 6,378万円 247,904円
25 6,178万円 247,946円
24 5,972万円 247,907円
23 5,766万円 247,933円
22 5,555万円 247,943円
21 5,341万円 247,935円
20 5,187万円 247,896円
19 4,960万円 247,900円
18 4,731万円 247,922円
17 4,499万円 247,928円
16 4,263万円 247,936円
15 4,023万円 247,897円
14 3,780万円 247,925円
13 3,534万円 247,917円
12 3,285万円 247,921円
11 3,032万円 247,931円
10 2,775万円 247,920円

フラットは多くの金融機関が取り扱っています。商品タイプも複数あります。融資率100%や諸費用も借り入れできる商品もあります。取り扱い金融機関により金利や諸条件などが違いますのでご注意ください。

他の年収での借入可能額を見る

他の年収の借入可能額を見る



住宅ローン借入額を減らす方法



不動産を購入するときは資金計画が大切。


物件費用以外に必要なのが諸費用です。


諸費用は物件価格の7%~10%かかります。


諸費用が安くなれば、不動産購入にかかる総額費用が安くなります。


中古マンションや新築一戸建ての諸費用の中でも大きなウエイトを占めるのが仲介手数料です。


仲介手数料を無料で購入できれば諸費用が節約でき、借入額を減らすことができます。

仲介手数料(無料)で借入額を減らそう



「諸費用」の中でも「仲介手数料」は
「物件価格の3%以上」と高額です。


3000万円の物件なら100万円以上かかります。


仲介手数料を節約できれば、住宅ローンの借入額を少なくできます。

諸費用の具体的な金額はこちらを参照



仲介手数料(無料)の詳細はこちら
購入コストを節約
↓ ↓ ↓

仲介手数料(無料)

・新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら



LINE公式(無料仲介ネット)




  • この記事を書いた人

福元 雄二(ふくもと ゆうじ)宅地建物取引士

株式会社 LIC 代表(無料仲介ネット運営) ネコ保護しました。野良につきなつきません。その子を正社員として採用。毎日事務所に居ます。一緒に居ると楽しい。私も事務所にいることが多くなりました。なのでブログ書き始めした。お家探しの方々にお役に立てると嬉しいです。

-年収
-,