年収950万の住宅ローン【2022年・早見表】借入可能額はいくら?

2020-04-04

年収950万|買える価格の目安を知ろう


年収が950万円の住宅ローン。


自分は住宅ローンいくらまで借りられるのか?


お家探しの資金計画を立てるためのは必須です。


借入可能額・月々返済額など、分かりやすいように早見表にしました。


購入時のローン借入を減らす節約方法も解説します。


参考にしてください。

  • こんなことが分かります。
  • 年収950万円の銀行ローンの早見表
  • 年収950万円のフラット35の早見表
  • 住宅ローンの節約方法

年収950万円|いくらまで借りられる

こんにちは。
無料仲介ネットの福元です。

不動産屋です。
新築一戸建てや
中古マンションの
仲介手数料が安くなる会社です。

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら




銀行ローンとフラットでは借入可能額が違います。


フラットの方が多目です。

年収950万円|銀行ローンとフラットいくらまで借りられる


年収950万円では銀行ローン・フラットの借入可能額はいくら?


35年ローンの場合だと・・・

  • 銀行ローン:約6800万円
  • フラット35:8000万円

借入可能額は「ざっくり」これくらい。


フラットは上限額となります。

借入可能額


  • Q:借入可能額って何?
  • A:ローン審査を受けられる金額です


借入可能額は「必ず借りられる金額」ではありません。


「ローン審査を受けられる金額」です。


また借入可能額は、銀行により異なり、タイプによっても異なります。


もっと多く借りられる銀行、もっと少ない銀行もあります。

年収950万円の銀行ローン借入可能額

2022年1月現在
年収950万円・銀行ローン
返済負担率35%・審査金利3.3%
借入金利(変動型金利:0.470%で試算)

早見表(2022年1月現在)

ローン年数の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

年数 借入可能額 月々返済額
35年 6,896万円 178,099円
34年 6,790万円 180,094円
33年 6,680万円 182,138円
32年 6,566万円 184,202円
31年 6,448万円 186,310円
30年 6,326万円 188,439円
29年 6,202万円 190,659円
28年 6,071万円 192,872円
27年 5,937万円 195,152円
26年 5,798万円 197,453円
25年 5,655万円 199,820円
24年 5,508万円 202,259円
23年 5,354万円 204,707円
22年 5,196万円 207,193円
21年 5,032万円 209,754円
20年 4,864万円 212,366円
19年 4,688万円 214,989円
18年 4,508万円 217,714円
17年 4,322万円 220,481円
16年 4,129万円 223,270円
15年 3,930万円 226,146円
14年 3,724万円 229,067円
13年 3,511万円 232,050円
12年 3,291万円 235,104円
11年 3,064万円 238,197円
10年 2,829万円 241,365円

銀行ローンの審査基準は、借入可能額は年収・返済負担率・審査金利・ローン年数などで決まります。各項目の規定は銀行によって違います。ここではひとつの銀行の審査基準を使って表にしました。実際の借入の際は銀行に確認してください。掲載分は参考と考えてください。

年収950万円のフラット35借入可能額

2022年1月現在
年収950万円・団信付き
手数料先払タイプ・融資率90%
フラット35金利:1.300%で試算
フラット20金利:1.180%で試算

早見表(2022年1月現在)

ローン年数の出し方。完済年齢は79才です。79から自分の年齢を引くとローンの最長年数が出ます。
79才ー自分の年齢=ローン最長年数

 

年数 借入可能額 月々返済額
35 8,000万円 237,186円
34 8,000万円 242,698円
33 8,000万円 248,550円
32 8,000万円 254,774円
31 8,000万円 261,405円
30 8,000万円 268,484円
29 8,000万円 276,058円
28 7,801万円 277,102円
27 7,569万円 277,111円
26 7,332万円 277,081円
25 7,094万円 277,089円
24年 6,852万円 277,075円
23 6,607万円 277,067円
22 6,359万円 277,107円
21 6,107万円 277,063円
20 5,921万円 277,065円
19 5,657万円 277,091円
18 5,390万円 277,081円
17 5,120万円 277,107円
16 4,846万円 277,084円
15 4,569万円 277,104円
14 4,289万円 277,105円
13 4,005万円 277,069円
12 3,719万円 277,088円
11 3,428万円 277,076円
10 3,135万円 277,076円

 

フラットは多くの金融機関が取り扱っています。商品タイプも複数あります。融資率100%や諸費用も借り入れできる商品もあります。取り扱い金融機関により金利や諸条件などが違いますのでご注意ください。

他の年収での借入可能額を見る

他の年収の借入可能額を見る


住宅ローン借入額を減らす方法


不動産を購入するときは資金計画が大切。


物件費用以外に必要なのが諸費用です。


諸費用は物件価格の7%~10%かかります。


諸費用が安くなれば、不動産購入にかかる総額費用が安くなります。


中古マンションや新築一戸建ての諸費用の中でも大きなウエイトを占めるのが仲介手数料です。


仲介手数料を無料で購入できれば諸費用が節約でき、借入額を減らすことができます。

仲介手数料(無料)で借入額を減らそう


「諸費用」の中でも「仲介手数料」は
「物件価格の3%以上」と高額です。


3000万円の物件なら100万円以上かかります。


仲介手数料を節約できれば、住宅ローンの借入額を少なくできます。

諸費用の具体的な金額はこちらを参照


仲介手数料(無料)の詳細はこちら
購入コストを節約
↓ ↓ ↓

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら



LINE公式(無料仲介ネット)






  • この記事を書いた人

福元 雄二(ふくもと ゆうじ)宅地建物取引士

株式会社 LIC 代表(無料仲介ネット運営) ネコ保護しました。野良につきなつきません。その子を正社員として採用。毎日事務所に居ます。一緒に居ると楽しい。私も事務所にいることが多くなりました。なのでブログ書き始めした。お家探しの方々にお役に立てると嬉しいです。

-年収
-,