仲介業者を変更!変えたことがバレて不動産屋とトラブル!?

仲介業者は変更できる?


仲介業者を変えたい!


理由は様々ですがよくあることです。

  • Q:仲介業者を変えられる?
  • A:仲介業者を変えることはできます。



仲介業者は変えられます。


実際に不動産屋を変更した人はたくさんいます。


変更してトラブルになった人もいます。


「しょうがないな」ですんなり変更になったケースもあります。


仲介業者の変更|不動産屋を変える方法


こんにちは。
無料仲介ネットの福元です。
不動産屋です。

中古マンションや一戸建ての
購入時の仲介手数料が安くなる会社です。

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら


仲介業者の変更(売主・買主)


仲介業者を変える方法は簡単です。


別の仲介業者に連絡するだけ。



売主の場合
専任など媒介契約の期間終了後に変更すれば何の問題もありません。


買主の場合
別の不動産屋へ問い合わせるだけ。

でもトラブルが起ったことも!



どこの不動産屋から売買しようと人の勝手です。


複数の不動産屋へ問い合わせるのは当たり前です。


実例を交えてくわしく解説します。


変えられた仲介業者が激怒【トラブル発生!?】


不動産仲介業務では「売主」と「買主」を媒介するのが仕事です。



仲介業者を変えてトラブルになったこともありました。


変えられた業者はプンプンすることもあります。


でも変えられる理由も存在します。


大きな買い物です。


気にせず変えちゃいましょう。


不動産仲介売買の流れ



先に仲介業務の流れを簡単に説明します。



図で表わすと不動産仲介売買はこんな流れです。


お家を売りたい人

「お家を売りたいな」と思った人がいます。




お家を売りたい人が売却相談

「お家を売りたい」人が不動産屋へ売却の相談します。




売却依頼を受けた業者がやること

売却依頼を受けた業者(A社)のやることは2つ



①買主探しの広告
②レインズに登録

買主探しの広告・レインズに登録します。





ウチは関西の業者なので近畿レインズ



レインズとは・・・
不動産業者が加盟しています。
不動産情報をレインズのデータベースに登録することにより、大手業者から中小零細まで瞬時に加盟業者すべてに情報提供できるネットワークです。


レインズに登録されると全加盟業者(不動産屋)に売物件情報が共有されます。


なので
どこの不動産屋に売却依頼をしても全業者で買主探しをすることができます。


客付業者も広告宣伝

たくさんの加盟業者(客付業者)は買主を探すため広告します。


こんな感じなので多くの不動産屋から同じ物件が広告されます。




売却情報の広告宣伝が拡散

スーモ・ホームズなどで広告された売物件情報が拡散されます。




こんな感じで買主に売物件の情報が届きます。


不動産屋に業者変更がバレた



基本は全国どこの不動産屋からでも物件は購入できます。


なので
変えたいときは変更しましょう。



でもトラブルになったときはこんな感じ・・・


さきほどの
図のA社を「元付業者」A社以外を「客付業者」などと呼んでいます。


A社が「元付・客付」両方を担当することもあります。



どこの不動産屋からでも物件は購入できるので、仲介業者はどこに変更しても大丈夫です。


しかし物件が同じだった場合、
A社に問合せたあと、他の不動産屋に問合せ購入したいとなるとA社にはバレることがあります。


図でわかるように
売主がA社と媒介契約を結んでいる場合、その物件を購入するには、必ずA社に話が入ります。


トラブルがあったのはこのケースでした。


A社から内覧を受けていた。


A社が気に入らないので他の会社から購入したい。


他の会社を通して購入したい。


もちろん大丈夫です。


内覧してなければ問題は無かったのでしょう。


案内をしたA社からすれば気に入りません。


元付の多くは買主に対して「コノヤロー!」となるみたいです。


その気持ちわかります。


でも何らかの原因があるため変えられるのだから仕方ないと思います。


仲介業者変更されたA社の対応


A社の対応はこんな感じ。


実際に有ったことです。


「商談中です」※ウソ


「商談中です」とウソをつく業者。


明らかなウソです。


渋々商談を進めた


友人の会社であったことですが「渋々商談を進めたくれた」とのこと。


超渋々だったそうです。


気まずさ指数100%だったそうです。


なので元付業者だったらトラブルになるかも、ですね。


逆を言えば「元付以外の物件」また「物件が変われば」何の問題は生じません。


でも自分に合わない営業マンだったら変更したくなるのは当然です。


仲介業者は気にせず変えてもOK


仲介業者を変更したいと思ったら変えたらいいです。


不動産屋へ行くとアンケートなどを書かされます。

  • アンケートを書いた
  • 案内してもらった


そうなると営業マンは「この人はウチのお客さん」と思っているでしょう。


でも
これだけで「お客さん」に対して拘束力なんかあるわけないです。


あったら恐ろしいです。


なので営業マンには
「色んな業者と色んな物件を見ています」
「どの不動産屋から、どの物件を買うかは決めてません」

とハッキリ言っておけばいいです。


仲介業者を変更しても大丈夫なライン


基本はいつ変更しても大丈夫です。


どの業者から購入するのもお客様の勝手です。


物件が同じだった場合も同様です。


でも「購入申込書」を提出したなどは問題が生じる可能性があります。


別の物件であれば問題ありません。


同じ物件だった場合はトラブルになるかも知れません。


同じ物件だった場合はこちらの記事を参照ください。



仲介業者を変更のまとめ


  • 仲介業者は変更してもOK
  • 物件が違うなら関係ない
  • 気になるなら複数の不動産屋へ問い合わせていることを伝えておこう



LINE公式(無料相談)



【無料仲介ネット】では中古マンション・新築一戸建ての仲介手数料が無料・半額で購入できます。

不動産購入には
諸費用などたくさんお金が必要です。
仲介手数料(無料・半額)で節約しましょう。

仲介手数料(無料・半額)
購入コストを節約
↓ ↓ ↓

仲介手数料(無料)

新築一戸建て
中古マンション
くわしくは こちら



  • この記事を書いた人
アバター

福元 雄二(ふくもと ゆうじ)宅地建物取引士

株式会社 LIC 代表(無料仲介ネット運営) ネコ保護しました。野良につきなつきません。その子を正社員として採用。毎日事務所に居ます。一緒に居ると楽しい。私も事務所にいることが多くなりました。なのでブログ書き始めした。お家探しの方々にお役に立てると嬉しいです。

-不動産のこと

© 2021 無料仲介ネット