新築一戸建て|価格交渉は必ずしましょう。値引きの実態を解説します。

新築一戸建ての値引き交渉は必ずしましょう

こんにちは。
「 無料仲介ネット」の福元(ふくもと)です。

新築一戸建てを検討しているとき
気になるのが「価格」です。

「値引き交渉おまかせください」なんて謳い文句のチラシなども見かけます。
また〇〇万円も値引きしてもらった!などの話も聞きます。

少しでも安く買いたい!のは当たり前です。
一声言って安くなるならお得です。
値引き交渉は必ずしましょう。

ただ実態はどうなのか?

何百万円の値引きに成功!みたいな話もあれば
新築一戸建ての値引きはムリ!の話もあります。

どちらも本当です。
価格交渉ができた物件・できなかった物件があります。
そのあたりを詳しく解説します。

価格(値引き)交渉するタイミング・ポイント

値引きを売主が本気で考えるとき

売主が本気で値引きを考えるとき
それは【購入申込書】をだされたときです。
購入申込書は【買い付け証明書】ともよんだりします。

価格交渉は相手の有ることです。
相手とは売主です。
「売主はこの価格なら売れる」と事業計画を立てて価格設定をしています。

内覧などでそのお家を気に入ったとき
「少しでも安く買いたい!」ってなりますよね。

「価格(値引き)交渉は必ずやりましょう」私たちもお客様にはそう言います。
そのとき価格(値引き)交渉が始まります。

まれに特に気に入った感じもなく営業担当者に
「これ値引きできますか?」と質問されるお客様がいます。
「がんばります」以上のことは言えません。
売主が真剣に考えることが無いからです。

売主側の立場に立つとわかりやすいですが
いろんなお客様がお家を見に来ます。
何気なく「安くなる?」って聞いても苦笑いしかでません。

そんな売主が真剣に価格を考えるときは
ホントに買う気のあるお客様が来たとき。

【購入申込書】をだされたときです。

【購入申込書】には条件を記入する欄があります。
ココに【購入希望額】を書きます。

初めて売主は真剣に考える、ということになります。

〇売主は買う気のある人にしか値引きについては考えません。
〇いくらにして欲しいと購入申込書に希望金額を書きましょう。

値引きについて売主が気にすること

【購入申込書】を売主に出すとほとんどの売主側の担当者の言葉はコレ
「ローンはどんな感じですか?」

現金購入の方は無関係ですが
住宅ローンを利用される方がほとんどです。

住宅ローンが通らなかった!なんてことも
往々にしてありますのでローンのことは必ず聞かれます。

あらかじめ住宅ローンの事前審査をしている方などは
ほとんど居ませんので「お客様の内容」を伝えます。

「お客様の内容」は属性なんて言い方をします。
職業や年齢・年収などです。
不動産会社に行くとアンケートに記入しますでしょ。アレです。
それを聞くと売主も私たちも通るかどうか大体わかります。

ローン厳しそうだな?なんて思われたら
「先にローン通してください」なんて
価格交渉が宙ぶらりんなんてこともあります。

売主が価格交渉に応じてもローンが通らずに契約できなかった、なんてことが起こると
次からは「交渉後の価格」が「物件の価格」になってしまい
実質の値下げ物件になってしまうからです。

住宅ローンも早く通しましょう。

〇住宅ローンが通ったお客様でないと真剣に考えない売主も居ます。
〇住宅ローンの内定があると現金を用意して「これで売るのか売らないのか!」と迫るのと同じようなことなので売主も真剣に考えます。

売主が値引き交渉に応じるときとは?

値引き交渉の相手(売主)を知る

価格(値引き)交渉には相手が居ます。
売主です。
現在の新築建売住宅は年間で数千棟を販売してる
大手パワービルダーなどで購入する方も多いです。
ウチもよく取り扱っています。

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」です。

交渉相手を解説します。

交渉相手は事業計画に基づいて価格設定をしています

売主の仕事は
1.「土地」を購入
2.「建物」を建築
3.「土地」「建物」を「販売」します。

私たち「無料仲介ネット」が売主とかかわるのは
1土地購入と3販売です。

新築一戸建ての販売されるまでの経緯は
当然ですが売主が土地を買って建物を建てて売る。
つまり販売価格ありきなんです。

すごくカンタンに分けると
「販売価格」=「土地」+「建物」+「利益」です。
「〇〇町の新築一戸建ては過去に〇〇万円で売れた」
という成約事例を参考にします。

土地を購入するときの参考価格にもなります。
売主は私たちが勧めても利益の出ない土地は買いません。

少し専門的になりますが
近年は業者の持っている土地も買わない方針を出してます。
データ上利益が薄いからです。
現実的には売主の仕入れ担当者も困ってますけど。

価格(値下げ)交渉をするということは
売主が近隣相場などをしっかり見て立てた
事業計画が間違ってますよ、と売主に言ったのと同じとも言えます。

価格交渉時にムチャな価格を出したり
言い方を間違ったりすると
全然交渉に乗ってくれない
なんてときはこういうことかもしれません。

とはいえ価格交渉し値引きは実際よく行われています。
どんなときに価格交渉に応じるのかを解説します。

価格交渉ができる新築一戸建てとは

値段を下げないと売れない物件です

値段を下げないと売れない物件が「価格交渉」に応じてくれる物件です。

当たり前ですよね。
売れるなら下げません。
人気物件は満額でスグに売れます。

パワービルダーが関西に進出してきたばかりの頃は
土地を高掴みし相場と合わないこともしばしばありました。
近年はデータもたまりしっかり事業計画立ててからしか
土地を仕入れませんので
相場とかけ離れた価格だから売れないっていう
物件は少なくなってきました。

とはいえパワービルダーは
年間〇〇棟やらないといけない、とかありますので
すべてがそうとはいえません。

決算時期なら安くします
最終1邸だから安くします
なんて話もありますが
理由は何であれ
安くしないと売れないんです。

一戸建ては同じエリアで建てても
それぞれロケーションや日当たりなどが違います。
買う側からすればそれは大きな違いになり
その価格では売れないんでしょうね。

値引き交渉が上手くいったとき

200万円も価格交渉ができた!なんて話もありますが
実際には売主が200万円下げてもいいかな?と思っていたときがほとんどです。

売主が価格を下げるときは反響が弱いときです。

こんな感じです

1ヵ月の間にお客さん一人も来なかった。値段下げようか。

たまたまお客さんが来て気に入った。

今なら〇〇万円値引きますよ。

お客さん大喜び。売主大喜び。です。

もしそこで買わなかったら
その物件は近日中に値下げってパターンが多いです。

現実的に200万円以上の交渉が通るときはこんな感じです。

なら普通に値下げ予定が無いときは?となります。
「端切り」2,580万円なら80万円を値引して
2,500万円で成約なんてことが多いです。
しかしお客さんがたくさん来るところは「端切り」もムリ。

でも大きな金額なので少しでも安く買いたいところです。
そんなときは「オプション品つけてっ!」って言いましょう。

網戸がオプションの新築一戸建てもあります。
網戸セットは10万円以上することもあります。
言うだけ言ってみましょう。
「それくらいなら」ってなることもあります。
「なることも」ですよ。ならないこともあります。

参考にしてください。

宣伝です|仲介手数料を値切る!

すこし宣伝させてください。
ウチ仲介手数料無料の不動産屋です。
諸費用が安くなります。
よかったら見てください。
仲介手数料無料で不動産を買う

仲介手数料無料で購入しよう!

新築一戸建て・中古マンションの仲介手数料が無料

私ども無料仲介ネットは、仲介手数料無料の物件を主に取り扱っております。

仲介手数料(無料・半額)のページ

物件価格 3,000万円なら100万円以上お得

  • この記事を書いた人

福元 雄二(ふくもと ゆうじ)宅地建物取引士

株式会社 LIC 代表(無料仲介ネット運営) ネコ保護しました。野良につきなつきません。その子を正社員として採用。毎日事務所に居ます。一緒に居ると楽しい。私も事務所にいることが多くなりました。なのでブログ書き始めした。お家探しの方々にお役に立てると嬉しいです。

-新築一戸建てのこと

© 2021 無料仲介ネット